Childcare / Education policy

保育・教育方針

Education Policy / Educational Goals

教育方針/教育目標

教育方針

キリスト教精神に基づいた、
人間形成をめざす情操教育
当園では下記のとおりの基本目標を掲げ子ども達の教育(保育)に臨んでいます。

教育目標

  • 生きる力(自分で考え、創意工夫し、表現する力)を身に付ける。
  • 人々と親しみ、思いやりの心や、人とかかわる力を養う。
  • 教材や制作活動を通して、数量や図形を学び、興味をもつ。
  • 音楽・絵画・文学(絵本・童話)と出会い、楽しむ。
  • 自然とふれあい、探究心を抱き、心身共に健やかな成長を目指す。

総合的な教育活動

主体的な体験を通して
各種能力を高める
幼稚園では、造形や音楽、運動の他、集団遊び、リズム遊びなど、様々な「遊び」の名がついた活動を行います。また、自由時間には子どもたちの興味に応じて友達とおままごとやトランプをしたり、ブロックを作ったり絵本を読んだりします。人やものとの関わりを通して、思考力・表現力・運動能力等が総合的に発達するよう配慮しています。

心を育てる

自立心を培い、
道徳性の礎を築いていきます
キリスト教保育によって、神様を敬い、生命を大切にし、思いやりの心や正義感を養い、人間形成の基礎を築いていきます。
  • 社会見学
    郵便局や消防署内の仕事に触れ働くことの大切さを知る。
  • お誕生会
    神様、両親、先生、友達にありがとうを言いみんなも心からおめでとうを言う。
  • お泊り保育(年長児)
    旅行へでかける楽しい雰囲気の中で自立心を養い、団体生活のマナーを知る。
  • 収穫感謝祭
    果物を持ち寄り、施設などに届け、働く人々に感謝する。
  • 母の日・父の日 礼拝
    お母さん、お父さんに感謝し、手作りプレゼントを製作する。
  • クリスマス祝会
    イエス様のお誕生日を心からお祝いする。クリスマスのお祭りで、人々と交流する。
  • 参観日
    テーマについて考え、内容を発展させる。自己の能力を発揮し、周囲に認めてもらう。

体を作る

集団活動を楽しみながら
社会性を身に付ける
様々な園内・園外での活動を通して、身体を動かす楽しさを知り、体力づくりを支援していきます。城山・堀之内公園などには徒歩で行きます。いちご狩り・お泊り保育・砥部動物園・乗馬には、バスで出かけます。
  • 戸外あそび
    成長に応じた様々な挑戦ができる遊具等を設置し、子ども自らが育つ園庭整備を行っています。
  • プール遊び
    園内のプールで伸び伸びと遊びます。
  • 運動会
    友達と競技したり、力を合わせて一生懸命がんばる。
  • 園外保育
    城山公園等に出かけ、自然と接し、体力を増進する。
  • 体育遊び
    ドッチボールやサッカーを行い、ルールの中で競い合う楽しさを知る。
  • 砥部動物園遠足
    生命について学び、心も体ものびのびとして解放感を味わい、社会性を育てる。

知能を開発する

思考力・就学前基礎能力を
伸ばします
4、5才は最も知能の伸びる時期故、ピアジェ理論による教材「かず」の指導で遊びながら子ども自身が考える能力を伸ばすよう心がけています。
クラスで協力して立体物を中心とした制作活動を行い、図形等への興味を培います。テーマや構成は、子どもたちの話し合いや希望によって決められます。年長クラスには空き箱等の廃材を配置した、創作活動スペースを設けています。
また文字の読み書き等、小学校に上がる前の「就学前基礎能力」を充分に身につけるよう指導し、時計づくり・郵便屋さんごっこなどで習ったことを実践します。