認定こども園リベカ清水保育園とは

ホーム > 認定こども園リベカ清水保育園とは? > 保育内容

保育内容

認定こども園とは

認定こども園は、幼稚園と保育所のそれぞれの良いところを活かしながら、その両方の役割を果たすことができる施設です。
幼稚園は、小学校以降の教育の基礎をつくるための幼児期の教育を行う学校であり、保育所は、就労などのため家庭で保育のできない保護者に代わって保育する児童福祉施設です。
認定こども園は、保護者が働いている・いないに関わらず利用でき、保護者の就労状況が変化した場合でも、継続して通園できることが大きな特徴になります。

教育及び保育の基本

幼児期における発達は、心身の諸側面が相互に関連し合い、多様な経過をたどって成し遂げられていくものであることから、園児の主体的な活動を促し、乳幼児期にふさわしい生活が展開されるようにします。
遊びの中で、人やものとの関わりを通して、思考力・表現力・運動能力等が総合的に発達するように配慮します。子どもたちの生活が、教育目標を達成すべく構成された環境の中で、教師や友達との関わりとともに、豊かに展開されるよう努めてまいりたいと思います。

0歳から2歳の乳幼児の保育について

保育所保育指針に従って、特に健康・安全に配慮し、家庭的な養護を中心とした保育を行います。
こども一人一人の発育や健康状態を把握し、語りかけやしぐさ等を交えた愛情豊かな保育により、適切に生理的欲求を満たすよう心掛けます。
情緒の安定を図りながら、探索活動が十分できるように、事故防止に努めながら環境を整え、全身を使うさまざまな遊びを取り入れ、自我の育ちを見守ります。

3歳から就学前までの子どもの保育について

幼稚園教育要領に従い、同一学年の園児で編成される学級による遊びを中心とする集団活動の中で、教育に関わるねらい(健康、人間関係、環境、言葉、表現)が総合的に達成されるようにします。
一人一人が自己を発揮し、創意工夫をこらし大きく成長する時期であるため、教師は学びが十分に発展するよう見守りながら、働きかけを行います。
また、こどもが安定した情緒のもとで生活できるよう、集中して遊ぶ場と、家庭的な雰囲気の中でくつろぐ場の調整をして保育を行っていきます。

共通の配慮事項

  • 園児の生活年齢がそれぞれ異なることを考慮して、一人一人の特性や発達の過程に応じ、発達の課題に即した指導を行います。
  • 0歳から小学校入学前までの一貫した教育及び保育を、園児の発達の連続性を考慮して展開していきます。
  • 保護者との信頼関係を築きながら保育を進め、保護者の相談に応じ、支援に努めます。

ページの一番上へ